フレッシュビュー

2016年2月17日

第50回 よこはま青果塾が開催されました!

茨城県の行方(なめがた)へ「さつまいも」の勉強をしに行ってきました。今回訪れたのは
『なめがたファーマーズヴィレッジ』
http://www.namegata-fv.jp/
廃校になった小学校跡地を利用した「体験型農業テーマパーク」です。行方市、JAなめがた、白ハトグループ(おいもさんの店らぽっぽ等)が取組んでつくられました。学んで、遊んで、食べる「やきいもミュージアム」をはじめ、お菓子工場、畑、レストラン、カフェなど、たくさんの施設を楽しめる巨大テーマパークです。
今回は、金港青果の新入社員も研修として参加させていただきました。その様子をお伝えします。



  ■ 講義の様子
   「JAなめがたのカンショの取り組み」
~1年365日こだわりの焼き芋をお届けるすために~
 JAなめがたのサツマイモついての詳しいお話を聞きました。テーマは「焼き芋」で、 試食もさせていただきました。品種の違いを生かしながら周年出荷を行なっています。その「周年安定良食味出荷」を実現しているのが「キュアリング処理・定温貯蔵」のできる貯蔵庫です。

 

 

 



  ■ 貯蔵庫を見学
キュアリング処理・低温貯蔵
 病原菌の侵入などを防いで貯蔵性を向上させる「キュアリング処理」と、品質を維持しながら貯蔵する「定温管理」を行います。それぞれの処理に合った温度・湿度で管理します。寒すぎ・暑すぎはサツマイモにとっても厳しい環境ですが、環境を整えて長期間保存できれば食味が抜群に良くなるのがサツマイモの特徴でもあります。焼き芋が寒い季節だけではなく、いつでもおいしく食べられるので、夏は冷やしてデザート感覚での提案も。

 

 

 



  ■ ビューティベジタブルビュッフェ
 ビュッフェ形式のイタリアンレストランでは、ヴィレッジ内の農園で採れる野菜や地元農家さんから直送されるこだわり野菜料理をたっぷりと楽しむことができました。

 

 

 


 

 

 


 野菜の直売所にも、サツマイモをはじめとしたフレッシュな野菜がたくさん並んでいました。

他にも、おいもスイーツ工場見学や干し芋Bar、買い物を楽しめるショップもあり、盛りだくさんの「さつまいもテーマパーク」でした!

さつまいものことをもっと知りたい方、焼き芋の秘密を知りたい方、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。





小学校の表札はそのまま残してあります。この校門を入るとファーマーズヴィレッジです

さつまいもの豆知識や焼き芋の作り方が掲載されたリーフレット


浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)