フレッシュビュー

2016年12月8日

水素燃料電池フォークリフトが導入されました

燃料電池フォークリフト


  横浜市、神奈川県、川崎市では、民間企業と連携し、CO2フリー水素サプライチェーンの構築を図る実証事業(環境省委託事業「平成28 年度 地域連携・低炭素水素技術実証事業」)を進めています。

 その実証事業の一環として、11月30日、横浜市中央卸売市場本場青果部にも、水素を燃料とする燃料電池フォークリフトが導入されました。


燃料(水素)充填作業

燃料電池フォークリフトの特徴は
・ 環境性:稼動中のCO2 排出量ゼロ。排出されるのは⽔のみ
・ 作業効率向上:約3 分の⽔素充填で、連続稼働可能
・ 省スペース:予備バッテリーの購⼊、保管が不要(従来の電動フォークリフトの連続稼動には予備バッテリーが必要)
ということです。
 
環境にやさしい仕組みの構築が進んでいます。




  仕様
 定格荷重  2,500kg
 水素充填時間  3分
 水素搭載量  13.4N ㎥
 稼働時間  約8 時間※
 ※株式会社豊田自動織機
平成28 年7 月26 日付リリースより
   

燃料電池フォークリフト

 

水素充填車

 


 

■実証事業の詳細、お問合せ先等は「横浜市記者発表資料」をご覧ください。
 
 

浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)