フレッシュビュー

2020年9月3日

色が白くて甘味が深い白土馬鈴薯は長野県小諸市の知る人ぞ知る幻的存在。
少量しか生産ができない超レアものをアグリ・ヌーヴから販売しました!

この度アグリ・ヌーヴでは、長野県小諸市とタッグを組み、一般にあまり出回ることのない、幻のじゃがいも「白土(はくど)馬鈴薯」を県内(横浜市・川崎市)量販店で販売スタートしました。

白土馬鈴薯は、小諸の粘土質な土でゆっくりじっくり育成する為、でんぷん質が多く含まれ甘味が多く、うまみの強いじゃがいもに育ちます。
 
加熱すると糖度が15度!(アグリ・ヌーヴ調べ)
 
その為、ラップにくるんでレンジで3分温めると甘味が増しおやつにも♪
フライパンでサッと焼くだけでも食卓の副菜におすすめです!
 
是非、見かけた際にはお試しください。


仏蘭西料理やおら料理店「白いもと豚足のガレッド」

アグリ・ヌーブ公式サイトはこちら





浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)