品目情報

たまねぎ

玉葱 onion【ユリ科 ネギ属】

タマネギは、ユリ科ネギ属の草本で、ネギの一種です。タマネギは成長すると葉の基部が肥大化して丸く玉上になり(鱗茎)、その部分を食用としています。このことが、玉ネギという名の由来でもあります。
古代エジプトでは、ピラミッド建設の際、労働者の食料とされていたと言います。それほど歴史の古いタマネギですが、日本へは江戸時代に伝わり、明治時代以降本格的な栽培が始まりました。



■栄養
ネギの仲間に共通の成分である硫化アリルが含まれ、ビタミンB1と結びついてビタミンB1の吸収をよくするので、新陳代謝を活発にします。また、血液をサラサラにするともいわれていますが、硫化アリルは加熱すると成分が変化するので、効果を期待するのであれば生食がおすすめです。水にさらしても流れ出て減少してしまうので、長時間さらしたままにしないようにしましょう。

■調理
“あめ色タマネギ”とは、よく耳にしますが、タマネギを飴色になるくらい時間をかけて炒めると、甘みが強くなり、辛みや刺激臭もなくなります。もともと糖質を多く含んでいるのですが、生の時は辛み成分が強く感じられます。加熱することによって、水分がとんで甘みが凝縮されることや、辛み成分が揮発したり、硫化アリルが甘み成分に変わる物質もあるなどの理由で、甘みが際立ってきます。


入荷時期

産地情報

RSS

ただいま登録されている情報はありません。


とっておきのレシピ



浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)