品目情報

かぼちゃ

南瓜 pumpkin【ウリ科 カボチャ属】

カボチャには大きく分けて、日本カボチャ(東洋種)、西洋カボチャ(西洋種)、ペポカボチャの3種類があります。日本カボチャは中央アメリカ原産で、16世紀にはポルトガル人によって日本に伝わり、日本の気候に適したたため急速に各地に広がりました。 このときカンボジア産の瓜として紹介されたことから、南瓜やカボチャの名前がついたといわれています。
一方、西洋カボチャは南アメリカ原産で幕末と共に日本に渡来、高温多湿を嫌うため、北海道や東北地方を中心に栽培されました。食生活の欧米化や嗜好の変化により、現在では西洋カボチャが主流。ほくほくとして甘みがあるものが人気です。

■品種
・黒皮栗カボチャ : 代表的な西洋種。えびす・みやこが有名で、現在の主流となっている。
黒皮カボチャ : 日本カボチャの代表的品種。肉質がねっとりして色も上品
打木甘皮甘栗カボチャ : 加賀野菜。独特の橙色をしていて円錐型。甘くてしっとりした食感が特長。
宿儺(すくな)カボチャ : 岐阜、飛騨高山の特産野菜。形状はヘチマを大きくしたような長細い形で皮も薄い。
・金糸瓜(そうめんカボチャ) : ペポカボチャの一種。ゆでると果肉が糸状にほぐれるのでこの名がある。

■栄養
『冬至にカボチャを食べると長生きする』という言い伝えもありますが、ビタミンやカロチンが豊富で栄養価の高い緑黄色野菜です。夏から初秋にかけて収穫されたものを冬至に食べるという習慣があるように、貯蔵性が高く栄養価も失われない上、甘みも増します。


入荷時期

産地情報

RSS

ただいま登録されている情報はありません。


とっておきのレシピ



浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)