旬の市場

春の七草


神奈川県



春の七草といえば「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」です。

1月7日に1年間の無病息災を願って食べる『七草粥』に使う野草です。正月にはおせち料理やおもちを食べたり、お酒を飲んだりして、胃腸に負担がかかります。七草には様々な栄養分・薬効が含まれており、1月7日に食べる七草粥はご馳走続きで疲れた体をいたわる理にかなったメニューです。


 「七草研究会」は、この七草を露地やハウスで栽培し、パック詰めにして市場出荷している農家のグループです。七草パックは「七草研究会」が全国で初めて手掛けたものです。畑が新横浜近郊にあることから、横浜市内産の七草を『横浜七草の里』と名付けました。

野の香りがふんわりと漂う新鮮な七草をぜひご賞味ください。
 

浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)