販促情報
November 2018

11月

販促のヒント

ライフスタイル
野菜が高値を維持しているため、家計を預かる主婦たちは、様々な価格に敏感になっています。
この時期、季節の変わり目で風邪などの体調不良が増えるほか、ノロウイルス、インフルエンザなどの感染病にも注意が必要となってきます。家庭内でできる対策として、食による体力アップ・免疫アップを図りたい時期です。

   旬の市場
8月31日は「野菜の日」
様々な調査が発表されています。


最近流行のソロキャンプ、グランピングキャンプ

この数年、アウトドアがじわりと人気になっており、週末のオートキャンプ場などはアウトドアを楽しむ人で賑わっています。

キャンプというと家族や、友人同士のグループで楽しむイメージがありますが、実は1人でキャンプを楽しむ「ソロキャンプ(ソロキャン)」も人気なのです。

例えば、お笑い芸人のヒロシ。テレビの世界ではかつてほどお目にかかれていませんが、動画投稿のYouTubeでは『ヒロシちゃんねる』というページを持ち、自らのソロキャンプの様子を紹介。これが人気なのです。チャンネル登録者数は25万人を超え、視聴数の多い動画には、110万回を超えるものもあります。

その他にも、キャンプ動画は数多くあり、キャンプ道具(ギア)を紹介するものや、淡々とたき火を映しているものなど色々。その中には調理の風景が映っているものも多くあります。

ソロキャンプでは、手軽にカップヌードルやコンビニなどで調達した料理、レトルト食品で済ませる人もいますが、ある程度、道具にこだわり出すとキチンと料理もしたくなるもの。
1人鉄板焼きや、野菜をたっぷり入れたポトフ。なかにはダッチオーブンを利用した本格的なものまであります。

とはいえ、最初はバーナーひとつで準備ができるようなものから取りかかる人が多く、徐々にレトルト食品にひと手間かけて、野菜を追加したり、パスタ料理にアレンジするなど、ステップアップしていくのが無難でしょう。

今回はあえてのソロキャンプ事情をお伝えしましたが、秋の行楽シーズン。ソロでもグループでも、キャンプ場で楽しめるレシピ紹介も面白いかもしれません。

その他、キャンプ人気を後押しているものに、グランピングキャンプがあります。キャンプ場に、テントがすでに用意されており、ほぼ手ぶら状態でキャンプが楽しめるのです。
キャンプ場によっては、テントの中にソファやベッドがあるものもあり、とても贅沢なアウトドアが楽しめます。
なお、こういったキャンプ場では、バーベキューセットが用意されていて、食材や料理を持っていく必要はありません。



今月のレシピ

 

ねぎのぬた

 
だんだんと気温も下がり、秋らしくなってきました。寒い季節に活躍する長ねぎですが、ねぎそのものの味わいを楽しめる ぬたはいかがでしょうか。今回はじゃがいもを加え、ホクホクした食感も楽しめる一品です。

とっておきのレシピへ

昨年の売り上げベスト3 

                *金額ベース
  1. 早生みかん(愛媛、熊本、和歌山)
  2. 富有柿(奈良、岐阜、山梨)
  3. サンふじ(岩手、山形、青森)
  1. 胡瓜(宮崎、群馬、福島)
  2. レタス(茨城、静岡、神奈川)
  3. ぶなしめじ(長野、山形、新潟)


浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)