販促情報
June  2017

6月

販促のヒント

5月半ばに沖縄県で、平年より4日遅い梅雨入りが発表されました。
今後、全国各地で梅雨入りとなります。転機がパッとしないことに加え、6月は祝日がないため、1カ月が長いと感じる人も多そうです。
また、気温、湿度とも高まるため、食中毒などの予防に力を入れ始める時期です。

   旬の市場

販促のヒント!

見た目がカラフルで動画レシピやインスタで大人気
フルーツサンドイッチ

食のブームは色々ありますが、スイーツ系のブームは2013年頃のパンケーキ旋風以降、目新しく目立つものが出ていません。 次なるブームと期待されたフレンチトーストも今一歩。ひとつ挙げるとすれば、1月頃から5月頃まで大人気となるストロベリーブッフェでしょうか。有名どころのホテルのブッフェは、予約開始数日で数カ月に渡る全日が埋まる勢いを見せています。最近ではバイキングスタイルのレストランやカフェなどでも取り入れ、話題となっています。

そんな中、大ブレークはしていないものの、静かなブームと言われているのがフルーツサンドイッチです。もともと、サンドイッチ自体がこの数年人気となっており、ボリュームたっぷりの食事系サンドイッチが主に人気をけん引してきました。そこに、じわりと食い込んできているのが、フルーツサンドイッチです。

その多くは、カフェ好きの人たちから紹介される、カフェメニューです。定番&有名どころでは千疋屋や、老舗フルーツパーラー「万惣」のフルーツ担当者とホットケーキ担当者が開業したカフェ「フルフル」などです。こういったフルーツパーラーのカフェはもちろん、昔ながらの喫茶店やパン屋(サンドイッチ屋)で提供されるフルーツサンドイッチも注目されています。

人気が出れば自分で作ってみたいと思う層は一定数います。特に、最近は前々回で紹介した動画レシピの台頭により、つくり方から完成まで見た目がキレイ・可愛らしいメニューが人気を集めており、カラフルなフルーツサンドイッチはまさにその点を満たしていると言えます。

リーズナブルにつくるなら缶詰のフルーツもありますが、これからの季節はフルーツが次々と出回る時期。ぜひ、フレッシュな果物での提案をしてみてはいかがでしょうか。例えば、生クリームを水切りヨーグルトにしたり、クリームチーズにすることで、よりヘルシーに仕上げる提案もおすすめです。

なお、インスタグラム上では「#フルーツサンド」「#フルーツサンドイッチ」といったハッシュタグのほか、「#フルーツサンド部」「#フルーツサンドハンター」なるものや、サンドせずにクリームとフルーツをトッピングした「#オープンフルーツサンド」などもあり、見ているだけで楽しめます。



今月のレシピ

 

トマトたっぷり☆アボカ丼

 
今回ご紹介するのは、簡単・ヘルシー“ひとりごはん”です。 アボカドの食べ方としては、わさび醤油等が有名ですが、 食べごろの、味がノッたアボカドは塩ひと振りで絶妙な味わい。 その味を楽しむには、やはり味のノッたトマトの出番です! トマトの甘酸っぱさと、アボカドのまろやかでクリーミーさを 素材ひとつひとつにこだわって味わっていただきたい一品です。

とっておきのレシピへ

昨年の売り上げベスト3 

                *金額ベース
  1. 佐藤錦(山形、福島、秋田)
  2. 西瓜(千葉、熊本、新潟)
  3. ふじりんご(青森、秋田)
  1. 胡瓜(福島、群馬、宮崎)
  2. トマト(群馬、福島、神奈川)
  3. ブロッコリー(長野、北海道、長崎)


浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)