販促情報
March 2020

3月

販促のヒント

ライフスタイル
新型コロナウイルス感染症への心配が広がる中、学校が休校となり、一足早く春休みを迎えています。在宅勤務を推奨する企業も増え、家庭内で食事をする機会が増えます。料理をする人の負担を軽減できるようなレシピ提案や、ひと手間加えるだけで簡単に作れる半調理品、冷凍食品、惣菜などをうまく組み合わせて紹介できると喜ばれそうです。

   旬の市場
2020年の食のトレンド

2020年もすでに2ヶ月が過ぎました。年末から年始にかけては、食のトレンドの振り返り記事や、2020年を予測した記事が数多く掲載されていることから、今回は、それらの中から今年、何が注目されそうかを見てみます。

まずは、グルメメディア『ヒトサラマガジン』の「2020年グルメトレンド予測|外食のプロが語る、食の“7つ”のキーワード」から。外食のブームが家庭に反映されることも多々あるので、決して見過ごすことはできないトレンドです。

7つのキーワードとして出てきたのは、「モダンメキシカン」「タレ焼肉」「新・台湾料理」「第2次ラム肉ブーム」「深化する中華」「私鉄沿線の店」「おひとりさまグルメ」。
次に来ると言われる「メキシコ料理」の中でもタコスが注目されていました。タコスはパーティー料理にも活用できるメニューですので、家庭での需要は高そうです。同じくパーティーに応用できそうなのが、ラム肉です。羊肉の料理といえばジンギスカンが有名ですが、2019年にアルゼンチンラムが解禁されたこともあり、様々な部位を焼肉で食べさせるレストランが登場しているとのこと。焼き肉は家庭でもホームパーティーなどでも人気のメニューです。タレ焼き肉のトレンドと合わせて、押さえておきたいキーワードかもしれません。
また、「新・台湾料理」では主に台湾スイーツを紹介していましたが、レシピサイト『クックパッド』の「食トレンド予測」には、台湾の定番朝ごはん「シェントウジャン」が紹介されていました。全体的に「台湾料理」に注目が集まっているのかもしれません。

次に、少しとがりすぎていて日本人には付いて行くのは難しいものの、日本の食トレンド記事などで参考にされているため、一応は押さえておきたい海外の食トレンドです。
オンライン経済メディア『Business Insider Japan』の記事によると、アマゾン傘下のホールフーズ(Whole Foods)が発表した2020年のフードトレンドは左記の通り。「ノンアルコール飲料」「キッズメニューの見直し」「肉と植物のタンパク質をブレンドしたもの」「要冷蔵のおやつ」「再生農業」「植物由来の大豆の代替品」「砂糖の代替品」「さまざまなものを原料としたバターやスプレッド」「西アフリカの食べ物」「野菜や果物の粉」。

「再生農業」に関しては、2月の販促情報でも紹介した持続可能性(サステナビリティ)に対する意識が世界ではかなり浸透していることがうかがえます。前述の『クックパッド』の「食トレンド予測」でも「食品ロス削減レシピ」が挙がっているなど、ますます社会的意義の高い消費活動へと進化していると言えそうです。
なお、「西アフリカの食べ物」はトマトや玉ねぎ、ピーナッツなどが挙げられており、特に西アフリカが原産の食品というわけではありませんでした。しかし、この3つの記事だけでも、各国の料理がピックアップされています。特に今年はオリンピックイヤーということもあり、世界の料理に注目が集まる可能性も高いと言えます。2019年に話題になった中東料理をトレンドに上げている記事もあったりと、いろいろな国の料理がぐっと身近になりそうです。

トレンド予測の中には、世界の食糧難を見据えた「昆虫食」などを紹介するものもありましたが、こちらはかなり前衛的なので、先進的な取り組みの“話題”から抜け出してブームとなるのは難しそうです。

いかがでしたでしょうか。今年は何が話題となるのか、楽しみですね。

【参考URL】
ヒトサラマガジン「2020年グルメトレンド予測|外食のプロが語る、食の“7つ”のキーワード」

クックパッド「2020年「食トレンド予測」」

Business Insider Japan「ホールフーズが予想! 2020年の10大フードトレンド」



今月のレシピ

 

イチゴのババロア

 
ジャガイモは熱を加えてもビタミンが壊れにくく、寒い季節の温かいお料理にぴったりです。デンプンが、餅のような食感を作り出します。
いろいろなお料理に利用でき、沢山のバリエーションを楽しめる「いももち」。今回は、醤油ダレでいただきます♪

とっておきのレシピへ

昨年の売り上げベスト3 

                *金額ベース
  1. とちおとめ苺(栃木、茨城)
  2. サンふじ(青森、秋田)
  3. 紅ほっぺいちご(静岡)
  1. 胡瓜(宮崎、群馬、高知)
  2. たまねぎ(北海道、佐賀、中国)
  3. ミニトマト(長崎、熊本、愛知)


浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)