販促情報
December  2016

12月

販促のヒント

忘年会にクリスマス。食べ過ぎが心配な季節です。家での食事は胃に優しい、消化によいものなどが喜ばれそうです。

   旬の市場

企画に役立つ!食にまつわるミニ知識

今年もやってきました「大根おろしアート」の季節
  近年のグルメの流行を引っ張っているのは、インターネット発信。
なかでも、TwitterやInstagram(インスタグラム)などの手軽なコミュニケーションがとれるSNSが大きな力を発揮しています。

まずは、こういったネット発信から人気に火が付き、それらを雑誌やテレビが取り上げてネットやSNSを利用しない層にまで広がっていくパターンです。 

そのSNSで人気となる重要なポイントが、見た目、写真映えです。 
美味しそうなのはもちろんですが、キャラ弁同様に「かわいい」も重要なポイントとなっています。

この2年ほど、秋から冬にかけて出回る「かわいい」料理写真に、「大根おろし」があります。名付けて、「大根おろしアート」。Googleなどで「大根おろしアート」を検索すると、なんともかわいらしい画像が数多く表示されます。

* Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています

秋の「かわいい大根おろし」代表は、秋刀魚です。この秋刀魚に、大根おろしで「猫」をつくり、秋刀魚に抱きつかせるようにして盛り付けるのです。近年の猫ブームと相まって、高い注目度を誇っています。

冬に出回るのは鍋。「白菜と豚肉のミルフィーユ鍋」などに、大根おろしでつくった「白熊」がのっています。
元々は、2013年に登場したこの白熊の大根おろしアートが火付け役だったようで、テレビでも紹介され、人気となりました。それ以降、毎年盛り上がりますが、今年も再び「大根おろしアート」に注目が集まりました。

猫や白熊に刺激を受け、スヌーピーやカピバラ、トトロなど、様々な大根おろしアートも登場。
食事をただ美味しくいただくだけではなく、「楽しく」「かわいく」楽しむ人々が増えています。

大根おろしにすると消費量が増えるため、余りがちな大根の利用も促進できます。
写真映え、見栄えのするサンプルで、食欲を刺激するのもよさそうです。
とても素敵なサンプルができると、ひょっとするとSNSで拡散され、店の注目度が上がる可能性を秘めているのが、近年の流行の特徴なのです。

今月のレシピ

 

ゆず豚

ご飯のおかずにもおつまみにもOK!の高知県園芸連が紹介している「ゆず」を使ったレシピです。ゆずの皮と果汁を使用しています。ゆずの香気が食欲を誘う一品です。

とっておきのレシピへ

昨年の売り上げベスト3 

                *金額ベース
  1. とちおとめ(栃木)
  2. 普通みかん(静岡・和歌山・愛媛)
  3. 中生みかん(愛媛・和歌山・佐賀)
  1. きゅうり(宮崎・高知)
  2. レタス(静岡・茨城)
  3. ブロッコリー(群馬・長崎・熊本)


浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)