販促情報
March  2017

3月

販促のヒント

春が近づいてきました。卒業や入学・入社のシーズンです。雛祭りや入学・入社祝い、卒業関連のイベントなど「行事」の多い時期ですので、大人数向けのパーティー料理などの提案が喜ばれそうです。

   旬の市場

企画に役立つ!食にまつわるミニ知識

2017年、押さえておきたいスーパーフード
 
毎年、話題になる食べ物やメニューが登場しては消えていきます。中には、塩麹熟成肉などのように定番として生き残っていくものも。
 
話題となる要素として、「美味しさ」は必須ですが、最近は「写真映えする」も重要な点です。しかし、昔から欠かせない要素が「健康・美容によい」という点。例えば近年では、ココナッツオイルアマニ油などが話題となりました。これらの話題の食べ物の中で、特に栄養価に優れているものなどを近年では「スーパーフード」と呼び、女性誌や情報番組では頻繁に取り上げられています。
 

 「スーパーフード」とは、1980年代頃のアメリカやカナダの食事療法を研究する医師や専門家たちから生まれた言葉で、その後徐々に広がっていきました。
美容関連の重要キーワードである「抗酸化力」があり、そのほかにも高い栄養素が含まれているものを差しますが、現在日本では、「スーパーモデルや有名人がこぞって使っている」イメージが強いのも否めません。 ちなみに、日本スーパーフード協会によると


・栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。
あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。

・一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、
料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。
 
と定義されています。 
2016年までに話題になった「スーパーフード」では、チアシード、ココナッツ、アサイー、キヌアあたりが記憶に新しいのではないでしょうか。
 
前述の日本スーパーフード協会( http://www.superfoods.or.jp/ )が2016年11月に発表した、2017年に話題となると予測したスーパーフードは下記の通り。
【2017S/Sトレンド予測 スーパーフードランキング TOP10】
第1位  レッドフルーツ<アセロラ、ゴジベリー>
第2位  青いスーパーフード<進化系スピルリナ>
第3位  酸化しないスーパーオイル<米ぬか油>
第4位  MUGIGOHAN<大麦(もち麦)>
第5位  プラントウォーター<メープルウォーター、バーチウォーター>
第6位  カカオニブ
第7位  シーバックソーン
第8位  進化系チアシード<ローストチア>
第9位  ビーポーレン
第10位 スプラウテッド・アーモンド 
何のことかわからないような名前が多く出ていますが、1位のアセロラは、日本でも馴染みが深く、ビタミンCやポリフェノールが多く含まれている果物。2位のスピルリナは微細藻類の一種で、主にパウダー状のタイプが出回っています。
なお、6位のカカオニブはカカオを発酵・乾燥させたもので、チョコレートの原料となるものです。
 
毎年、登場しては消えて行くこれらの「スーパーフード」。加工品ものが多くはありますが、これらを使った料理やメニューには話題性があるので、チェックしておく必要がありそうです。
  

今月のレシピ

 

イチゴのババロア

春の訪れにピッタリなイチゴのデザートです☆
今回は、固める際に型の横にイチゴの薄切りを縦に並べ、上には生クリームとイチゴをトッピングしています。他にも、カップの入れ物に入れ1人分にしたり、ミントの葉を飾ったりと、お好みの飾りつけでお楽しみください♪

とっておきのレシピへ

昨年の売り上げベスト3 

                *金額ベース
  1. とちおとめ(栃木)
  2. サンふじ(青森)
  3. 紅ほっぺ(静岡)
  1. きゅうり(宮崎・群馬)
  2. レタス(茨城・静岡)
  3. ブロッコリー(長崎・神奈川)


浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)