秋のレシピ

パリパリさつまいもタルト

サツマイモの黄色いクリームと生クリームのWクリームがとってもおいしい!
色鮮やかで、出来上がりも可愛らしいです。

材料
基本 春巻きの皮           3枚
さつまいも      小2本
(1本250g位)
生クリーム         1パック (200ml)
グラニュー糖        大さじ1
〈さつまいもクリーム〉 牛乳         30cc
グラニュー糖       60g   
はちみつ         大さじ1
バター        30g
卵黄         2個
ラム酒        少々
バニラエッセンス     少々
〈グラッセ〉 牛乳         50cc
バター        15g
砂糖         30g

作り方


  1. 丸いケーキ型(直径18cm以内)の内側に溶かしバターを塗り、春巻きの皮を1枚敷いたら、再び溶かしバターを塗って次の1枚を敷く。同様にもう1枚重ねて、表面に溶かしバターを塗って200度のオーブンで15分ほど焼き(焦げないように注意!)、冷ましておく。
  2. さつまいもは皮を厚めにむいて、1.5本分をさつまいもクリームにする。適当な大きさに切り、鍋で柔らかくなるまで蒸して、熱いうちに裏ごしする。
  3. 2を鍋に入れ、牛乳、グラニュー糖、はちみつ、バターを加えて火にかけ、焦げないよう木ベラなどで絶えず混ぜながら、ぽったりするくらいまで練る。
  4. 3に卵黄を加えてよくまぜ、火を止めてラム酒とバニラエッセンスを少量混ぜる。
  5. 残りの半分のさつまいもを小さめに切り、牛乳50CCとバター15g、砂糖30gで中火で煮てグラッセを作る。
    汁が半分位になったら弱火にし、汁けがなくなるまで煮る。柔らかくなったら、火から下ろし冷ましておく。
  6. ボールの底を氷水などで冷やしながら、生クリームとグラニュー糖、ラム酒、バニラエッセンスを加えて、角が立つまで混ぜる。
  7. 春巻きの皮のタルトに半量の生クリームを敷き、6のグラッセを広げてのせる(下写真)。このとき、飾り用に少量とっておく。その上にさつまいものクリームをのせ、生クリームとグラッセを飾り付ける。

 01

 03

 04

 07


ポイント


01 余ったサツマイモの皮でかりんとう作り

サツマイモの皮は千切りにして、160度の油でカリッと揚げて油を切る。砂糖大さじ3と水100ccを中華鍋で熱して飴を作り、揚げたサツマイモをからめる。バットにゴマ油を塗っておきサツマイモを広げ冷ます。お好みでゴマを散らす。


02

 食べる時にくずれやすいので、お客様用に出す時は、プリンなどの小さめの容器で作ると食べやすいですよ!その時は、春巻きの皮1枚でタルトを作るとちょうどよいでしょう。



03
残った卵白は、中華スープなどに使うと無駄になりません。炒め物なら、スープ多めのチンゲン菜と海鮮炒めにとろみを少しつけ、最後に卵白をふわっと落とすと美味!また、揚げ物の衣にあわ立てて使うと、ふんわりした衣になりますよ。
浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)