春のレシピ

らっきょうのかんたん漬け

今回は、根付らっきょうを使用し、熱湯を通してつくる“かんたん漬け”をご紹介しています。
多少の手間と時間はかかりますが、年に一度の行事にしてみてはいかがでしょうか♪


材料
 らっきょう  1kg

約20g
調味液(らっきょう酢)
水      150ml
砂糖    250g
食酢    350ml
とうがらし 1~2本
 

作り方


  1. 最初に、根と茎を切ります。

    ☆洗う前に切ります。
    ☆根を切りすぎてしまうと、食感がやわらかくなってしまうので、ほどよい場所で切るのがポイントです。
    (切ってすぐ調理しないと、両方の切り口から芽が出てくるので、早めに調理しましょう)
     
     
  2. 流水で軟らかくもみこむように、皮をむきながら洗います。

    ☆洗う間に薄皮がはがれ落ちきれいになります。
     


     
     
     
     
  3. 1kgのらっきょうに対して、ひとつかみの塩 (約20g)をまぶし、塩もみします。

    ☆塩でもみこむことによって余分な水分を取り出し、らっきょうをひきしめ、食感をよくします。
     
     
     


     
  4. さっと水洗いをして塩を流し、ザルにあけしっかり水切りをします。
       


     
     
     
     
     
  5. 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したらのらっきょうをザルごと入れ10秒間浸します。

    ☆殺菌と食感アップのために熱湯に浸します。
     

     
     
     
     
  6. をザルにあげ、一気に湯切りして冷まします。

    ☆うちわで扇いで一気に冷ますのが、熱湯に「10秒」漬けた後のシャキシャキ感をよくするためのポイントです。






     
     
     
     
  7. を煮沸殺菌した容器に入れ、らっきょう酢をらっきょうがよく浸るまで入れたら できあがりです♪

    ☆使用する容器もふたも熱湯で充分殺菌しておきましょう。
     
     
     
     
     
  8. 調味液(らっきょう酢)は市販のものもありますが、作り方は下記を参考にしてみてください。

    ☆らっきょう酢につけて4、5日~10日経った頃からでも召し上がれますが、約1ヶ月頃からがおススメです!
    保存は、冷蔵庫、もしくは冷暗所で☆
     
     
     
     

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.


ポイント

☆冷ました後は、手で直接らっきょうに触れれないようにするとよいでしょう。
菌が増えてしまうと、やわらかくなりすぎたり、液が白く濁って、日持ちしなくなってしまいます。

→容器に入れるときは、お玉等で!また容器の殺菌もお忘れなく!

 
 

浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)