冬のレシピ

大根とスペアリブ

とろとろに煮込んだスペアリブと、味のしみ込んだ大根の絶妙なコンビ。冬の美味しい大根をやわらかく煮込んだ一品は、ご飯もすすみます。今回、下ごしらえに加えた“湯通し”をすれば、余分な油をカットしてヘルシーながら、煮汁にしみ出たスペアリブのコクが楽しめます。


材料
スペアリブ 250g
大根 1/2本
しょうが 1かけ
だし汁  
調味料
酒    大さじ2
みりん  大さじ2
砂糖     大さじ1+大さじ1
しょうゆ  大さじ2+大さじ1

作り方


  1. <切る>
    大根は皮をむいて、2cmくらいの厚さの輪切りにする。味がしみこみやすいように、十文字の切り込みを入れておく。

    しょうがは、薄切りを3~4枚、千切りを少々切っておく。

    スペアリブは、火の通りをよくするため、切り込みを少々入れておく。
  2. <加熱 - 下ごしらえ>
    大根は、米のとぎ汁でゆでておく。

    スペアリブは、熱したフラインパンにサラダ油と千切りにしたしょうがを入れ、少し焼き色がつくくらい火を通す。フライパンから取り出したら、熱湯をかけてザルにあげておく。
  3. <煮込む>
    鍋に、スペアリブ・大根・薄切りにしたしょうが
    調味料<酒・みりん・しょうゆ : 各大さじ2 、砂糖 : 大さじ1>を入れ、最後にだし汁を具材がひたひたに浸かるように加える。
    おとしぶたをして中火で20分くらい加熱したら、調味料<砂糖・しょうゆ : 各大さじ1>を加え、お肉が柔らかくなるまで煮込んで(20~30分)できあがり。
 

ポイント


  1. <今回は彩りに「菜の花」を添えています>
    塩茹でをしただけのものですが、甘くてこってりとした味付けのスペアリブと大根に、菜の花の苦味が良く合います。
  2. <下ごしらえとして、スペアリブを湯通ししました>
    それでも充分に油も出て、コクのある味に仕上がりました。
    ただ、やっぱり旨みは全部使いたい場合は、湯通しせずに使用するのも良いですし、肉を取り出したフライパンで大根を炒めてから煮れば、さらにこってり感が増した煮込みになるでしょう。お好みでお試しください☆
 

浜印 金港青果株式会社
〒221-0053 横浜市神奈川区橋本町1丁目1番地
TEL:045-459-3620(管理部)FAX:045-459-3663(管理部)