金港青果の地産地消の取り組み

三浦半島 横浜市港北区 横浜市都筑区 横浜地場野菜の流れ
横浜に根付く卸売市場
 地域で生産されたものをその地域で消費することを「地産地消」といいますが、これは現在の食の流通におけるキーワードとなっており、各自治体や企業、団体がさまざまな取り組みを行っています。

 金港青果でも創立以来、地元の生産者の方々と密な関係を築き、「地産地消」に取り組んでいます。
地元の青果は地元の小売店へ
 金港青果で取り扱う神奈川県で生産された青果には、特産・三浦野菜生産販売連合やJA横浜、JAさがみ、JA湘南などに代表される地元の大型産地からの共選物と、横浜市港北区などを中心にした個人の生産者(金港青果出荷組合連合会会員)からの個選物があります。
 ここ、地元神奈川県で生産される青果は、地元のスーパーや小売店で販売されています。

 神奈川県の青果一覧表(サイト掲載分)はこちら